本文へスキップ

クラシックピアノを専門に教えているピアノ教室です。

エマニュエル・リモルディ 特別マスタークラス

新進気鋭の若きイタリア人ピアニスト、 エマニュエル・リモルディの 特別マスタークラスが鎌倉にて実現!!

8/23(木)  ・ミニコンサート+レクチャー            3,000円

    プログラム ムソルグスキー 展覧会の絵
         プロコフィエフ ピアノソナタ第8番op84

  ※完売しました。ありがとうございます。


8/24(土)、8/25(日)  ・マスタークラス受講料(通訳込み)     1時間 22,000円
 ・初歩コース受講料       1時間 12,000円
  ※完売しました。ありがとうございます。
 ・マスタークラス聴講料             3,000円


お問い合わせは、こちらをクリック!




<エマニュエル・リモルディ(Emanuel Rimoldi)>

[略歴]  ミラノ・ヴェルディ音楽院(イタリア/ポリーニ派)にてピアノ科と作曲科を卒業後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にて、エリソ・ヴィルサラーゼ氏(ロシア/ネイガウス派)の元で5年間研鑽。
[受賞など]
 トップ・オブ・ザ・ワールド国際コンクール(ノルウェー)にて優勝。
 マンハッタン国際音楽コンクール(アメリカ)にてグランプリ受賞。更に、審査委員長を務めたイーヴォ・ポゴレリチ氏よりポゴレリチ賞を授与され、国際舞台に姿を現す。

〜 南ドイツ新聞 suddeutsche Zeitung 〜 「リモルディの持つ圧倒的な個性、知性 、そして全てのディテールに固有の声を与える技術は、聴衆に音楽の真の姿と対話させることを可能にする。彼の特別な方法によって生み出される音楽は、あなたの心に深く突き刺さるだろう。」


〜 Music Web International 〜 「ほとんどの若い演奏家は、聴衆を圧倒することでもって自身を印象付けようとしている。しかしリモルディはリスクを 恐れず、より個性的な方法で聴衆を魅了する。彼は聴衆を誘惑するのだ。」 ー Music Web International

[演奏活動]  カーネギーホール(ニューヨーク)、ウィグモアホール(ロンドン)、ルクセンブルク・フィルハーモニック、ガスタイクホール(ミュンヘン)、サル・コルトー(パリ)、ゲヴァントハウス(ライプツィヒ)、ハノーファー・北ドイツ放送フィルハーモニック、ローマ・オペラ座、ヴェルディ音楽院大ホール(ミラノ)、モスクワ音楽院大ホール、モスクワ国際音楽会館等で演奏。
 また、国際ベートーヴェン・ホール音楽祭(メキシコ)、マイアミ・ピアノ音楽祭、キャッストン音楽祭(アメリカ)、ドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭(ポーランド)など数々の主要音楽祭に出演し、熱狂的な支持を得る。各地の新聞等でも絶賛された。

 ドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭での演奏はポーランド・ナショナル・ラジオにて、ドイツ国内で行われたリサイタルは各地ラジオ放送局(NDR/ハンブルグ、MDR/ライプツィヒ、ARD/ミュンヘン)にて放送され、モスクワ国際音楽会館にて行われたメトロ・コンサート・アート室内音楽祭での演奏は、ロシア国内テレビの文化チャンネルにて放送。

 2017年に行われたアメリカコンサートツアーを皮切りに、
2018年には日本(日経ホール)、ドイツ(エルプフィルハーモニー・ハンブルグ、ムジークフロインデ・オルデンブルグ)、ロシア(モスクワ国際音楽会館、ソチ・フィルハーモニー)にてデビュー、好評を博す。